Webサービスは安く制作してからスタートした方が良いのか?

結論、Think Big, Start Small
つまり、安く制作するのが正解。

しかし、ここで初心者が陥る罠がある。
Web業界18年目の僕がアドバイスします。
それは・・・安過ぎる&システム追加しづらい仕様 この2つがやっかいになります。

目次

安過ぎる問題

Webサービス制作で安過ぎると不安になりません?
安かろう、悪かろうみたいな。
僕は制作者側なのでわかりますが、正直、ほとんどのWebサイト制作者は工数を削減したり手抜きしたりとしがちになります。
そりゃそうですよw
ちなみに僕は安くても一切手抜きはしません、レビューが下がるし、リピートにならいし、信頼を大切にしているからです。
でも、お金命!の価値観で仕事を請け負う制作者だと、意識的にはそうなりますよね。

逆に、高額をもらっていれば、手抜きせずにガッツリ最高のものを制作しようと頑張ります。
そりゃそうですよねw

システム追加しづらい仕様問題

安かろう、悪かろうなグラグラの土台だと今後トラブルになります。
ページ追加できない、機能追加できない、アップデートで崩れる、サイト売却時にグラグラ土台だと売れない・・・などなど良いことないです。
良いことは安く作れた、それだけ。
レオパレスなんてそうですよね、安かろう悪かろうの代表的な家です。
WebサービスのWebサイトも一緒。

ガチるなら投資をケチるな!

Webサービスは夢があります。
数千万円~数億行きますからね。
ただ、土台がグラグラだと最初はSmall Startで良いけれど、後々苦労する可能性が高くなります。

Webサービスは命をかけないと成功できません。
競合も多いし、投資家のために利益出さないといけないし、ユーザーの個人情報漏洩対策もしないとだし、チームビルディングもあるし、税金もあるし・・・とにかく大変です。
10~30万円で制作してスタートアップしよう!なんて甘い、どうしようもなく甘過ぎる。

甘くて良いのは、人形町の鯛焼き と モンブランケーキ と 女性の心 で十分ですw

安くスタートするのはOK、しかし安過ぎるのはNG。

たくさんのWebサービスを作って、見てきた僕が言うので信憑性は高い記事だと思います。
ぜひ、参考に!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

売れる仕組みを創り、Webで売上アップさせる
株式会社WebSanta 代表取締役
 
幼少期、何も誇れる能力も無く、自分に自信が無い日々を過ごす。
小中高校時代、父の3億の借金、生死をさまよう交通事故、大火傷、彼女の死にも遭う。
それらをキッカケに「たった一度の人生、悔いなく生きたい!」と心に決める。
しかし、大学時代、バレンタインデーに当時の彼女にフラれ、自殺しようと銃社会アメリカに渡るもシリコンバレーのIT革命に魅せられ帰国。
 
ケンブリッジ大学語学留学、東京理科大学経営学部経営学科、すごい起業塾、ビジネスコンテスト優勝を経て、株式会社WebSantaを設立。
総額600万円の詐欺やうつ病に遭いながらも、起業12年・相談1000人・サイト制作100件・セミナー100回・総売上3億に貢献。
 
使命は「起業家に未来を届ける」
ビジョンは「Webマーケティングで起業家のビジネスを革新させる」
夢は「悲しい倒産を無くす」こと。

コメント

コメントする

目次